中学受験 グノーブル 難関私国立中学を目指す生徒・保護者のための少人数制集団指導学習塾

新2年生 理科・社会開講のご案内

  • HOME »
  • 新2年生 理科・社会開講のご案内

2022年度2月より2年生の理科・社会の授業を新規開講いたします

 従来、毎週1回開講していた算数・国語に加えて、1か月に1回土曜日の10:30~12:00の時間帯で理科・社会を開講いたします。授業時間は45分×2コマの計90分です。

未来に向けて知の力を育む!2年生の今だからこそ学びたい理科・社会!

 2年生の理科・社会では、4年生以降の受験に向けたカリキュラムに対して、さまざまな世界や知識を実感できるカリキュラムになっています。

 例えば、4年生以降の学習で「〇〇は春に咲く花だ」とか「△△は夏が旬の野菜だ」ということを学んでも、子どもたちはそのような実体験が乏しく、単に実感とは離れた知識として覚えることに陥りがちです。

 グノーブルの2年生理科・社会では身の回りの事象を取り上げて理科的、社会的見地からそれらの事象を実感・意識できるように導いていきます。

深く学べるからこそ楽しく学べる!理科・社会が有機的にリンクしたオリジナルカリキュラム

 例えば10月の社会「『美しい』ってどういうこと?」では、美の基準が時代や地域によって大きく変わることを学びます。

※注:写真は3年生の理科テキストです。

 平安時代の「お歯黒」は、当時の人にとっては美しいものとされていましたが、現在では白い歯が魅力的とされることが多いようです。時代・環境が変われば価値観も変わるということを理解し、多様な価値観を認め合うことの大切さを学びます。また、同じ10月の理科「『感じ方』がちがう」では錯覚について学びます。人間の感覚は実際とは異なる知覚を得てしまうことがあり、 対象に対して誤った感覚や認識を持ってしまうことがあります。そのため、科学では客観的なデータを基準としていることも学んでいきます。人間の価値観や感覚というように、同じ月で学習する理科・社会の内容は有機的な関連を持つように組まれています。

 また、7月の理科「宇宙に行きたい!」では天体を扱うとともに月の観察をします。その上で12月の理科「未来を予言できる!」では、月の観察の経験をもとに、観測データから法則が発見できること理解していきます。さらにこうしたことを踏まえて、1月の社会「『こよみ』のひみつ」では月を基準とした暦である太陰暦、そして太陽暦と私たちの生活について学んでいきます。このように、身の回りの理科・社会的な事象を1年を通して深く学べるカリキュラムになっています。

開講日

 理科・社会は2022年2月より、下記の通り校舎ごとに各土曜日開講いたします。授業時間は10:30~12:00(45分×2コマ)となります。
※平日開講となります、算数・国語の開講曜日につきましては、各校舎のページをご覧ください。

【授業料】

※季節講習については別途ご案内いたします。

※ご入室時には別途Gnobleグループ入室金¥16,500(税込)を申し受けます。
Gnobleグループ入室金は、Gnobleグループ(大学受験グノーブル・中学受験グノーブル・個別指導グノリンク・英会話グノキッズ)共通となります。一度お支払いいただいた場合、再度のお支払いは不要です。

【お申込み方法】

2022年2月から開講の新2年生の授業のお申込みにつきましては、各月実施の入室テストをご受験ください。
※グノーブルに通塾中の皆様はマイグノ掲示中のお知らせをご覧ください。

11/22(月)~自由が丘校にて開講

グノーブルに通底する共通点とは

全4回連載!グノーブルの算数

全8回連載!グノーブルの国語

小中高 生徒を育む共通する姿勢

動画で知る大学受験グノーブル

大学受験グノーブル学内誌です

グノーブルの問題集 続々刊行!

"/

Gnoble GROUP

PAGETOP
Copyright © 中学受験 グノーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.