中学受験×大学受験 グノーブル講師クロストーク公開中

記事についてはこちらをクリックしてください(大学受験グノーブルHPに移動します)

グノーブルが大切にしているのは、一人ひとりの生徒にまなざしを向けること、生徒が主体的に取り組める環境を整えること、生徒が学ぶことを楽しむ姿勢を応援していくことです。

中学受験グノーブルは小学1年生から小学6年生、
大学受験グノーブルには中学1年生から大学受験生までが通っています。
対象生徒の学年が異なれば、見守り方、導き方に違いも生まれますが、その一方で、グノーブルに通底する共通点もあるはずです。

中学受験グノーブルと大学受験グノーブル、それぞれの講師によるクロストークを通して、グノーブルの指導の特長を明らかにしていきます。

第一回目は、中学受験グノーブル理科科・永井裕康×大学受験グノーブル英語科・清水誠です。

【目次】

1 集中力が途切れずに長時間の授業を受けられるのはなぜ?
2 膨大な理科の知識を活用できるようにする
3 耳と口を鍛えるのが高度な英語力への第一歩
4 理科ができるようになるのはどういう生徒ですか?
5 市販の英単語帳を推奨しない理由

記事についてはこちらをクリックしてください(大学受験グノーブルHPに移動します)